ポルトガルワイン

商品紹介_ポルトガルワイン

ポルトガルワイン

世界でも有数のワイン生産国であるポルトガルは、約4000年前にぶどう栽培が伝えられ、約2000年前にはワイン造りが始まっていたと言われています。固有のぶどう品種を多く使っていることも魅力の1つで、他国のワインとは一味違う、ポルトガルワインならではの味わいをお楽しみください。

※20歳未満の方へのお酒の販売はおこなっておりません。

DOC(DOP)原産地呼称保護ワイン/伝統製法

ポルトガル中北部地域に広がる有数のワイン産地であるヴィーニョ・ヴェルデやダン、ドウロ、バイラーダのDOC(DOP ※1)ワインを取り扱っています。スパークリングワインは、シャンパーニュ方式と呼ばれる、伝統的な瓶内二次発酵により作られています。

※1 DOC(DOP)とは、EUのワイン法の3段階の格付けにおいて、最上位に位置する原産地呼称保護ワインのポルトガルでの呼び名。ブドウ品種、原産地、収穫量などの規定や専門家のテイスティング審査をクリアした上質なワイン。原産地呼称制度は、環境や風土の違いによりあらわれる、土地由来の特性を認定するための制度です。

東ティモール独立支援のため、取り扱いを開始

東南アジアの東ティモール民主共和国は、1974年までポルトガルの植民地であり、1976年にインドネシアに武力併合されました。過去の植民地支配の反省から、インドネシアからの東ティモール独立運動支援に熱心に関わった国の1つがポルトガルです。第3世界ショップも独立運動支援のためワインの販売をはじめ、ポルトガルの生産者を通じて、売り上げ金の一部を独立運動の資金として支援しました。独立を果たした現在は資金支援は終了していますが、お客様より質の高いポルトガルワインにご好評をいただき、現在も販売を継続しています。


主な商品ラインナップ

※こちらで紹介している商品は取扱い品の一部です。全商品はオンラインショップでご覧いただけます。