フェアトレードからコミュニティトレードへ

第3世界ショップとは

第3世界ショップのはじまり

第3世界ショップは、(株)プレス・オールターナティブの輸入・販売部門です。

創業者の片岡勝が1985年に北欧でフェアトレードに出会い、貧困とそれによりもたらされる世界の諸問題を仕事創りで解決しようと、翌年1986年に日本で初めてフェアトレードを事業とする団体「第3世界ショップ」を立ち上げました。

その過程で見えてきたのは、地域の過疎化、高齢化、後継者難、伝統的な文化や技術喪失といった国内共通の問題です。

現在は国内外を問わず、地域の困った!の声を、地域の人たちと一緒に事業化することで問題解決するコミュニティトレードへと活動の場を広げ、安心社会を作っています。

「第三世界」という名称は、1955年、有名なバンドン会議で米ソの冷戦下における「第三極としての第三世界」を呼びかけたことからきています。多様性の思想とこれまでにない新しい勢力をという想いをこめています。

主な取扱商品として、フェアトレードやオーガニックのコーヒー・紅茶・チョコレートをはじめ、ドライフルーツ・ナッツや菓子類など原材料・製法にこだわった食品と、インドの山羊革工芸品やミラー刺繍製品、フィリピンの手漉き紙製品、ペルーのアルパカニットなど、フェアトレードの雑貨類を販売しています。

フェアトレードへの取り組み

ミラー刺繍の生産者団体 セントメリー

ミラー刺繍の生産者団体 セントメリー

フェアトレードとは一般的に、「途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に輸入・販売することで、生産者の生活向上を支援し、貧困問題の解決を目指す貿易の仕組み」と言われます。

私たちのフェアトレードは生産者と直接対話する「顔の見える関係」を築き、栽培方法や制作過程を詳細に確認することはもちろんですが、生産者の取り組み姿勢に共感できることを最も大切にしています。

孫の代まで持続可能な農地を残したいと、周囲が倉庫用地に変わってしまう中、農薬・化学肥料不使用のおいしい烏龍茶を日夜作り続ける台湾の林(リン)さん、スリランカを世界一の品質を誇るスパイス基地にしたいと奮闘するマリオさん、産業が少なく若者の流出が止まらないフィリピンのミンダナオ島で、雑草から紙製品を生産する事業を興したロレッタさん。ポリシーに共感できれば、信頼関係は長く続きます。

フェアトレードからコミュニティトレードへ

出会いに恵まれた私たちの生産者は実に様々で、何か一律の条件で選んできたわけではありません。解決しなければならない問題に対して、お互いに知恵を絞り、厳しく議論しながら関係を築いてきました。

その過程を振り返ると、いわゆる一般のフェアトレードの定義には当てはめ切れない活動になっています。生産者パートナーとはお互い切磋琢磨して成長していく対等な仲間であり、支援とはちがいます。

パートナーは途上国だけではなく、解決すべき問題は貧困だけではありません。環境破壊、地域の過疎化・高齢化、後継者難、伝統的な文化や技術喪失といった国内と共通の問題です。

そこで現在は国内外を問わず、「地域の困った!の声を、地域の人たちと一緒に事業化することで問題を解決する」活動を「コミュニティトレード」として推進しています。(フェアトレードはコミュニティトレードに含まれます)

これからの第3世界ショップ

山口県で活動する学生耕作隊のメンバー

山口県で活動する楠クリーン村のメンバー

私たちの活動の中で、「誇り」は最も大切にしてきたこと。

誇りは人に何かを教えて喜んでもらうこと、自分の手で作り上げたことに対する達成感、そして、人とのコミュニケーションから生まれるものだと思います。つまり、社会に役立つこと。

私たちは地域に誇りを生むコミュニティビジネスを!と、アジア・田舎・東京それぞれの拠点で事業を展開しています。

国境を越えた多様性のネットワーク、困った時は助け合うアソシエーションを作り、共に汗して真剣に楽しく協働することで安心社会を作っていきます。

第3世界ショップの活動紹介

第3世界ショップの活動紹介や、その他活動にまつわるお話を紹介します。

アジアに広がるネットワーク

第3世界ショップ

第3世界ショップは、1986年に始めたフェアトレードを経て、国内外を問わず、地域の力で諸問題の解決を目指すコミュニティトレードへと、活動の場を広げています。

原材料・製法にこだわった食品と、フェアトレードの雑貨類を輸入販売しています。商品はオンラインショップでご購入いただけるほか、直営店や全国にお取り扱い店もございます。

WWBジャパン

女性中心の起業家支援活動で、26年間で日本全国に1,000以上の起業家が生まれました。彼女らの知恵・スキルを活かしてアジアにコミュニティビジネスを広げようと、台湾、フィリピン、ミャンマーでも起業スクールを開催、インドにも広がる予定です。

CWA
Community Work for Asia

地域コミュニティを軸とした社会の仕組み創りを、カンボジアを始め、ネパール、ミャンマー、フィリピンにて活動しています。若者の出稼ぎによる後継者難、過疎化、文化伝統の衰退という日本国内と共通の問題を解決しようと、現地の若者たちを中心に仕事と誇りを創出しています。

楠クリーン村

山口県宇部市楠にある耕作放棄地になったお茶園を拠点として、活動しています。農で地域が自立する仕組み創りを目指し、自給自足の暮らしと山の素材を活かした仕事創りに全国各地から集まった若者たちが奮闘中。

ホワイエ

東京都大田市場内に店舗を持ち、アメリカやアジアなど海外から「花器・花材・雑貨」を直輸入し、全国各地のお花屋さんや雑貨屋さんに卸販売をしています。