フェアトレードからコミュニティトレードへ

ミラー刺繍製品

ミラー刺繍商品紹介

インドの伝統的な刺繍

ミラー刺繍はインド西北部の伝統的な刺繍で、1つ1つ鏡を刺繍の中に縫い込んでいくのが特徴です。この製品は、スラムの女性たちの仕事づくりを行う生産者団体セントメリーが作っています。ひと針ひと針に思いを込めて、全て手刺繍で仕上げています。


きらきら美しいミラー刺繍

シンプルなデザイン

シンプルなデザイン

ミラー刺繍はインド西北部、ラージャスターンやグジャラート等の伝統的な刺繍です。

砂漠地帯であるこの地方では鏡を衣装や小物に刺繍し身にまとい、太陽が反射する光によって砂漠の中で遠くからでも自分の存在を知らせたとも言われ、また魔除けの意味合いもあると言われています。

色鮮やかで繊細な刺繍は、ひと針ひと針に思いを込めて全て手刺繍で仕上げるため、ベッドカバーを完成するまでに1ヶ月程と、手間と時間をかけ丁寧に作っています。

第3世界ショップのミラー刺繍製品は、伝統的なカラフルでエスニックなデザインや、伝統の技法はそのままにシンプルで使いやすいデザインにアレンジした商品もご用意しています。

カラフルでエスニックなデザイン

カラフルでエスニックなデザイン

ポーチやメガネケースなどの小物や、ベッドカバー、クッションカバーなどインテリアまで幅広く取りそろえておりますので、大切な人へのギフトにもおすすめです。

ミラー刺繍の生産者であるセントメリーは、インド北西部のグジャラート州の州都、アーメダバードにあります。スラム街の入り口付近に位置し、経済的に恵まれずスラムに住む社会的地位の低い女性たちを中心に、この地域の伝統的なミラー刺繍の商品を作り販売し、彼女たちに現金収入の機会をもたらす仕事づくりを行っています。

ミラー刺繍製品ができるまで

チャコペンで模様をトレースする様子 生地にチャコペンで刺繍の模様をトレースし、刺繍糸とセットにして女性たちに渡します。
ミラー刺繍を施す様子 女性たちは、生地と刺繍糸を持ち帰り刺繍を施します。自宅や、セントメリーで教わりながら刺繍する人など様々です。
刺繍の仕上がりをチェックするシスター・ルシア刺繍が指定通りか、丁寧な仕事か等、厳しいチェックを行い、チェックを通過した者のみに、次の仕事の生地と糸が渡されるます。
チャコペンの跡を落とすために一度洗いますできあがった刺繍のパーツは、一度洗ってチャコペンの跡を落とします。
洗った刺繍パーツを干す様子洗った後に1枚ずつ干し、各パーツを縫製して完成!