フェアトレードからコミュニティトレードへ

フェアトレードコーヒー

フェアトレードコーヒー_ヘッダ

顔の見えるコーヒー

自然の力を重視し、環境へも配慮し栽培された、作る人にも、飲む人にも優しいフェアトレードコーヒーです。誰が、どこで、どのように作っているかわかるコーヒーという意味を込めて、「顔の見えるコーヒー」と名付けました。

フェアトレード

安定的、継続的に購入することにより、コミュ二ティの仕事創り、生活向上を応援しています。原産国しかわからない一般的なコーヒーとは違い、スタッフが直接産地に赴き、農園・作る人の理念に共感した「顔の見える」フェアトレードコーヒーです。

オーガニック、または減農薬栽培

オーガニック(有機栽培)、または極力農薬に頼らず、自然の力を生かした農法で栽培しています。美しい森の中にある農園では、鳥や虫たちが飛び交う豊かな生態系が保たれています。

手摘み・天日乾燥

熟度のバラつきは味に影響が出るため、完熟した実だけを選んで一粒一粒丁寧に手で摘み取る「ピックアップ」方式で収穫しています。熟練した技術が必要です。収穫後は天日で1~2週間乾燥させます。

COE入賞農園

パウリーニョ農園やサンタ・フェリサ農園は、それぞれの国のCOE(※1)で入賞歴があります。高品質なコーヒーを生産する生産者です。

(※1)COE(カップ・オブ・エクセレンス)はコーヒーを輸出する各国で行われるコンテストで、出品された数百の優れたコーヒーからほんのわずかのコーヒーにしか与えられない称号です。


主な商品ラインナップ

商品紹介_パウリーニョコーヒー

パウリーニョコーヒー(豆・粉)

オーガニック(有機栽培)

生産者のパウリーニョさんはかつて、小規模農家の農業指導の仕事をする中で重い臓器の病気にかかり、長年農薬に接してきたのが原因ではないかと思い当りました。その後2000年に自分の農園を有機栽培に切り替えました。肥料には、コーヒーの果肉など農園内の材料だけを使った自家製堆肥を使用しています。

ブラジルCOE多数入賞

ブラジルCOEで1位をはじめ、過去に何度も上位入賞を果たしています。有機栽培のコーヒーとして世界で初めて1位を獲得し、注目を浴びました。

完熟した実を手摘み・天日乾燥

機械で一斉に収穫をするブラジルの一般的なコーヒー農園と異なり、何度も畑に入って都度完熟した実だけを選び、1粒1粒丁寧に手摘みしています。

果肉を剥いた種(コーヒー豆)は、甘味のある粘着質を残したままゆっくりと天日乾燥させます。このハニープロセスによって、果肉の甘味が豆に移り、際立ったコクのある深い味わいになります。ブラジル豆らしい力強いコクと、マイルドな甘みが特徴です。

商品紹介_サンタ・フェリサコーヒー

サンタ・フェリサコーヒー(豆・粉)

伝統ある農園・最高等級SHBの豆

1904年創業のサンタ・フェリサ農園は、現在4代目のアントニオさん、アナベラさん兄妹が運営しています。

グアテマラコーヒーは標高で7等級に分けられますが、サンタ・フェリサ農園は、最高等級のSHB(※2)に分類されます。昼夜の寒暖差により実がしまり、良質の酸味とコクを生み出します。

(※2)SHB(ストリクトリー・ハード・ビーン)は、1,350m以上の高地で栽培される最上級品。

グアテマラCOE入賞

アナベラさんはコーヒー鑑定士の資格を持ち、農園内のラボラトリーで味の研究を続けています。その成果が実り、最近のグアテマラCOEで2位入賞を果たしました。

減農薬栽培

アナベラさんが本格的に農園を引き継いだ1998年、有機栽培に切り替えました。しかし、2012年に大規模なさび病がこの地を襲ってからは、農園存続のためやむなく最小限の農薬を使用しています。最小限の使用に留めているため、黄緑色のきれいな雑草が地面を覆う農園風景は変わらず、蝶や虫が飛び交っています。

完熟した実を手摘み・天日乾燥

完熟した実を1粒1粒丁寧に選んで手摘みしています。果肉を剥いて水洗いした豆を、じっくり天日乾燥させます。深煎りの香り高い、華やかなアロマとキレのある後味が特徴です。

商品紹介_ブレンドコーヒー

ブレンドコーヒー(豆・粉)

3つの農園の豆をブレンド

自然の力を重視して栽培された3つの生産者、ブラジルのパウリーニョ農園、グアテマラのサンタ・フェリサ農園、ブルボン農園の豆をブレンドし、香り高く仕上げました。長く定番として親しまれる人気商品です。

パウリーニョ農園

ブラジルではめずらしい、完熟した実だけを選んで収穫する手摘み・天日乾燥の有機栽培コーヒーです。

果肉を剥いた種を甘味のある粘着質を残したまま乾燥させるハニープロセスにより、際立ったコクのある深い味わいになります。

サンタ・フェリサ農園

グアテマラコーヒーの等級で最高級のSHBに分類されます。昼夜の寒暖差により、実がしまり、良質の酸味とコクがあります。

ブルボン農園

農薬は作る人・食べる人だけでなく、環境に与える影響も大きいと考え、1870年創業以来有機栽培ひとすじの農園。木々が丈夫で、肥料もほとんど必要としません。

グアテマラコーヒーの等級で最高級のSHBに分類されます。カラメルのような甘い香りとすっきりした上品な酸味、深みのあるコクが特徴です。

商品紹介_カフェ・エル・ドラド

カフェ・エル・ドラド(粉)

濃いめ・しっかりとした味

グアテマラのサンタ・フェリサ農園の華やかな香りの豆と、ブラジルのパウリーニョ農園のマイルドな甘みのある豆をブレンドし、深煎り・細挽きのコーヒーに仕上げました。

深煎り・細挽きのため抽出も良く、苦み・コクがツンとくる、ボディのしっかりした味です。重厚なアロマと深いコクをお楽しみください。

パウリーニョ農園

ブラジルではめずらしい、完熟した実だけを選んで収穫する手摘み・天日乾燥の有機栽培コーヒーです。

果肉を剥いた種を甘味のある粘着質を残したまま乾燥させるハニープロセスにより、際立ったコクのある深い味わいになります。

サンタ・フェリサ農園

グアテマラコーヒーの等級で最高級のSHBに分類されます。昼夜の寒暖差により、実がしまり、良質の酸味とコクがあります。



※こちらで紹介している商品は取扱い品の一部です。全商品はオンラインショップでご覧いただけます。