【メディア掲載】朝日新聞でカレーの壺レトルトひよこ豆カレーが紹介されました

入荷案内_カレーの壺レトルトひよこ豆

5/25の朝日新聞で、カレーの壺レトルトひよこ豆カレーが紹介されました

5/25(月)の朝日新聞で、第3世界ショップの人気商品『カレーの壺』をベースにした、温めるだけで本格スリランカカレーが楽しめるレトルトカレー『カレーの壺レトルト ひよこ豆カレー』を紹介いただきました

『カレーの壺レトルト ひよこ豆カレー』は、カレーが日本人に愛される理由を掲載した「文化の扉 カレー、愛される理由」コーナーにてご紹介いただいています。掲載記事では、カレーが日本に根付いた経緯や、家族団らんの象徴だった昭和レトロなカレーから、スパイスを使ったカレーに進化してきている歴史など、カレーの今と昔がわかる情報がもりだくさんです。
ぜひご覧ください。

朝日新聞デジタル会員の方、もしくは無料会員登録で、以下のページからもご覧いただけます。

◆掲載記事はこちら
(文化の扉)カレー、愛される理由 だんらんの象徴、香辛料の経験重ね進化

カレーの壺レトルトカレーとは

第3世界ショップの人気商品、「誰でも、おいしく、簡単に」、スパイスの香り立つ、本場のスリランカカレーを作ることができる『カレーの壺』をベースにした、ココナッツミルク風味のレトルトカレーです。温めるだけで、手軽に本格スリランカカレーが楽しめます。グルテンフリーで、化学調味料、保存料も使用していません。

<本場の味へのこだわり>
18種類以上のスパイスやハーブと、ショウガやにんにく、たまねぎなど、たっぷりの香味野菜の旨味と香りがギュッと凝縮されているので、食べた瞬間に、口いっぱいにスパイスの香りが広がります。スリランカのカレーはお米や米粉の麺に合わせて食べることが多く、このカレーもご飯に良く合います。スリランカカレー本来の味をいかしながら、日本人の口にも合うよう、スパイスの豊かな香りはそのままに、より食べやすい味になっています。スリランカカレーによく使われるカレーリーフ(※1)やマスタード(シード)は、粉砕せずにまるごと使っています。どちらもカレーにそのまま入っていますが、お召しがりいただけます。

※1 ローレルやベイリーフを一回り小さくしたようなミカン科の植物の葉。スパイシーで爽やかな独特の芳ばしい香りが特徴で、スリランカカレーには欠かせない香辛料です。

<安心・安全へのこだわり>
スパイスやハーブ、香味野菜の絶妙な配合により、化学調味料や動物性原材料、香料や保存料といった添加物を使わずに、スパイスの香りと旨味を引き出しました。メインの具材には素性の明らかなものを使用し、カレーのベースとなるスパイスやハーブは、できる限り自社農園もしくは提携農園にて、農薬や化学肥料を使わず栽培したものを使用しています。一般的なカレー粉やカレールウに使用される、粘着性を出すための小麦粉も不使用、グルテンフリーのカレーです。

生産者紹介

『カレーの壺 レトルトカレー』の生産者は、「スリランカを世界一のスパイス基地にしたい!」と奮闘するマリオさん。マリオさんはスリランカが良質なスパイスが育つ環境にありながら、 それが上手く産業として農家の収入に つながっていないことに着目。 生産農家の自立を支援することによって、スリランカの農村から直接世界へ 通じるマーケットを開くことに取り組み、農家へ有機栽培の指導をしています。

工場では福利厚生が充実し、スリランカではめずらしい従業員住居、無料の食堂、レクリエーション施設などがあります。障害者の雇用促進や、従業員の子供などへの奨学金制度、2009年まで続いたスリランカ内戦の元少年兵や 戦争未亡人などの雇用促進等、 様々な地域の問題解決に積極的に取り組んでいます。