フェアトレードからコミュニティトレードへ

2018春夏商品入荷

手漉き紙ガッツィ_ヘッダ

春夏商品が入荷しました

山羊革のバッグ・小物の新作をはじめ、ガンジーの自立の思想がつまった自由の象徴の布「カディコットン」の衣類、革のような独特の風合いが特長の手漉き紙「ガッツィ紙」を使ったバッグ・小物が入荷しました。

カディコットン入荷

カディコットン製品の新作入荷

ガンジーの自立の思想がつまった自由の象徴の布「カディコットン」を使った、ワイドパンツやシャツ、バッグなど入荷しました。肌さわりの良い、さらりとした着心地です。

カディコットンとは

カディは別名“The Fabric of Freedom”とも呼ばれ、インドの人々に現在も愛され親しまれている、ガンジーの自立の思想がつまった自由の象徴の布です。この精神は、私たちの時代にも共通するものがあり、手仕事の文化と地域の誇りを大切にしていきたいという想いを込めて作っています。

カディは手紡ぎ手織布といわれますが、現在では化学素材を使わずにコットン、リネン、ウール、シルクをカディ風に編みこんだ布のことを総称してカディと呼んでいるそうです。

ガッツィ紙製品入荷

ガッツィ紙製品の新作入荷

革のような独特の風合いが特長の手漉き紙「ガッツィ紙」を使ったバッグ・小物が新登場です。第一弾はミニポシェット、ペンケース、お財布が入荷しました。

ガッツィ紙とは

フィリピン ミンダナオ島に生息する植物から手漉き紙を作る生産者団体シャピィと、新たにガッツィ紙シリーズを作りました。環境への負荷が少ない原材料で作られた、 草や絹のような強い、耐磨耗性の手漉き紙です。 プリントも可能で、革のような独特の風合いが特長です。

「ガッツィ」とは勇敢、強靭、勇気、冒険などを意味する英語で、シャピイの新たな冒険にふさわしい丈夫な紙素材という意味を込めて、「ガッツイ紙」と名づけました。

山羊革工芸品入荷

山羊革工芸品の新作入荷

人気のミモザ柄や、ロングセラーのネコやゾウなど動物モチーフの柄をあしらった、お財布やペンケースなど小物類が入荷しました。

山羊革工芸品とは

型押しした革に1つ1つ手作業で色付けして作る、山羊革工芸品。使っていくうちに、徐々に革色が美しいあめ色へと変化し、光沢が増してゆくのが特徴です。貴重な革を余すところなく使い、環境にも配慮し作られています。

使えば使うほどあめ色の輝きを増す、美しい山羊革工芸品は、インド西ベンガル地域の生産者の大切な仕事となっています。