フェアトレードからコミュニティトレードへ

山羊革工芸品

インドの伝統工芸品

型押しした革に1つ1つ手作業で色付けして作る、山羊革工芸品。使っていくうちに、徐々に革色が美しいあめ色へと変化し、光沢が増してゆくのが特徴です。貴重な革を余すところなく使い、環境にも配慮し作られています。


あめ色の変化を楽しむ

光沢が美しい山羊革工芸品

サンスクリット語で”平和郷”を意味する、インド東部のシャンティニケタン。この地から生まれた山羊革工芸品は「シャンティニケタニ」と呼ばれ、かつてインドの詩人タゴールが日本を訪れた際、革細工に感動し、その技術をインドに持ち帰ったことが始まりといわれています。現在では、西ベンガル地域の生産者の大切な仕事となっています。

山羊革工芸品は、使っていくうちに、徐々に革色が美しいあめ色へと変化し、光沢が増してゆくのが特徴です。革を柔らかくする薬品等を使用していないため、最初はハリを感じるかもしれませんが使い込むほどにしっとりと柔らかく手に馴染みます。ゆっくりと年数を掛けて風合いの変化をお楽しみください。

軽くて使いやすく、大きなトートバッグでも500g程度と、他の皮革製品に比べ、とても軽量。革のバッグは重くてちょっと…という方にもオススメです。

植物性タンニンでなめしています

山羊革工芸品商品紹介

着色前の白い部分が、植物タンニンでなめされた革本来の色です。

原料の山羊革はインドの南部チェンナイから届きます。チェンナイの水は鉄分が少ないため、山羊革をなめすのに適しているといわれます。

なめしには大きく金属を用いた科的製法であるクロ-ムなめしと、植物性のタンニンなめしがあり、第3世界ショップの山羊革工芸品は植物性のタンニンでなめし加工しています。タンニンなめしは、樹木や植物などから抽出した天然の渋を利用して革をなめす製法で、染料の吸収が良く使うたびに艶がでて手に馴染んでくるのが特徴です。

植物性のタンニンでなめされた山羊革は色が白いのが特徴で、「ホワイトレザー」ともいわれています。タンニンなめしで作られた革は、使うたびにあめ色へと変化してゆき、革本来の自然な風合いを楽しめるのも大きな特徴です。廃棄後、有害物質を発生せずに、土で分解されるので、環境に負荷をかけない素材とされています。

すべて手作業で作られています

山羊革工芸品商品紹介

革にローラをかけてつやを出す様子

山羊革工芸品に施される柄は、万力という機械を使い銅板で作った版を革に型押しし、その後手作業で色を染めていきます。

型押しの絵柄を縁取る白い部分は革本来の色を使っており、色を塗らない革本来の色を見ることができるのも山羊革工芸品の魅力のひとつです。

色塗りは布をクルクルと丸めただけの手作りの筆に染料を染み込ませ、1つ1つ丁寧に、手作業で色をつけていきます。細かい部分を色付けするのは、とても根気のいる作業です。着色には発がん性の疑いのある成分を含まないアゾフリー化学染料を使用しています。

仕上げにローラーで圧力をかけることで、革に含まれる脂分が表に染み出し、エナメルのような独特のツヤとなって輝きが生まれます。