グループ協働開発品

グループ協働開発品_ヘッダ

グループ協働開発品

第3世界ショップと、カンボジアで活動するCWA、山口県で活動する楠クリーン村など、グループの知恵と技術を出し合って協働開発した商品です。

ゼロからフェアトレード

日本国内やアジアの国々の農村に赴き、地域と共に協働して、ゼロからフェアトレードを立ちあげる第3世界ショップならではの取り組みです。持続可能な農業をめざし、農薬に頼らない農業の推進や、若手の担い手育成にも積極的な投資を行っています。

育てるフェアトレード

安定した労働と収入のためにも継続して買い続けられるものづくりは必須、商品開発は真剣そのものです。第3世界ショップの約30年のフェアトレードの歴史で培ったノウハウを惜しみなく提供し、共に試行錯誤を重ねています。

声の聞こえるフェアトレード

カシューナッツを村で生産し始めたカンボジアでは、隣国や首都プノンペンに出稼ぎに行く若者に、村に残る道が生まれました。耕作放棄茶園の再生が行われた山口県では、里山に若者たちが移住しています。「顔の見えるフェアトレード」から、彼らが発信する「声が聞こえるフェアトレード」です。

素性が明らか

生産者と強い信頼関係をつくり育ててきた商品だから、素性が明らかです。


主な商品ラインナップ

商品紹介_ぼくらが作った煎茶

ぼくらが作った煎茶

お茶本来のほのかな苦みと優しい甘みが感じられるあっさりとした煎茶です。苦味と甘みの調和がとれたコクのある味と自然で豊かな香りが広がります。

耕作放棄地を再生

山口県宇部市で1960年代に開拓 された茶園。後継者不足と設備の老朽化によって放棄され、何年もの間手つかずのままになった里山に若者が飛び込み、見事茶園再生を成功させました。

農薬や化学肥料に頼らないお茶作り

農薬や化学肥料を使わずに、自然の水、太陽の恵みでお茶を育てています。茶園には草が生え、つたが絡みますが、それらを一つ一つ手作業で取り除きます。目に見えない空気や風、土の中にある栄養分や微生物、そしてお茶自身と作り手の気持ちがバランスを持って重なり、深い味わいを生み出しています。

里山でいきる若者たち

このお茶を購入することは、高齢化・過疎化に悩む田舎の問題解決に果敢に挑戦する若者たちの活動を、買い支え、応援することに繋がります。

商品紹介_ぼくらが作った焙じ茶

ぼくらが作った焙じ茶

茶葉を強火で煎りあげ、苦みや渋みを抑え、ほのかな甘みを生かしました。ホットでもアイスでも、香ばしい香りと優しい風味が楽しめます。

耕作放棄地を再生

山口県宇部市で1960年代に開拓 された茶園。後継者不足と設備の老朽化によって放棄され、何年もの間手つかずのままになった里山に若者が飛び込み、見事茶園再生を成功させました。

農薬や化学肥料に頼らないお茶作り

農薬や化学肥料を使わずに、自然の水、太陽の恵みでお茶を育てています。茶園には草が生え、つたが絡みますが、それらを一つ一つ手作業で取り除きます。目に見えない空気や風、土の中にある栄養分や微生物、そしてお茶自身と作り手の気持ちがバランスを持って重なり、深い味わいを生み出しています。

里山でいきる若者たち

このお茶を購入することは、高齢化・過疎化に悩む田舎の問題解決に果敢に挑戦する若者たちの活動を、買い支え、応援することに繋がります。

商品紹介_緑茶入りレモングラスティー

緑茶入りレモングラスティー

レモンのような清涼感のある風味に緑茶のまろやかなうまみがプラスされた、爽やかなハーブティーです。独特の苦みやクセがないため、ハーブティーが苦手な方でもお召し上がりいただけます。

簡単三角ティーバック

茶葉が十分に開く三角ティーバッグを使用しているので、ポットで淹れたときと変わらない豊かな香り・味わいをお楽しみいただけます。

オーガニック(有機栽培)

カレーの壺でおなじみのスリランカのマリオさんから届く、有機栽培のレモングラスを使用しています。緑茶は、農薬や化学肥料に頼らず栽培された「ぼくらが作ったお茶」を使用しています。

商品紹介_ネパールはちみつ

ネパールはちみつ

ネパール東部のチトワン地域の野生種ミツバチが集めたはちみつです。少数民族チェパン族が昔ながらの方法で養蜂しています。ミツバチの生息できる環境を守ることは、豊かな自然を維持することに繋がります。

ネパール野生種ミツバチが集めるローカルハニー

蜜を集めているミツバチは、ネパール原種のapiscerenaという野生種。菜の花やチュリ(バターツリー)やライチ、ティートゥリーなど、多様な花の蜜を吸っているため、百花蜜と呼ばれます。大自然を自由に飛び回って集めるため、たくさんの花のエキスを吸い、コクのある深い味わいになります。ネパール現地の人々が昔から慣れ親しんできたローカルハニーです。

少数民族チェパン族による養蜂

チェパン族が養蜂を始めたのは1990年代。それまで森の中で自給自足の生活をしていましたが、政策により森を出てから経済支援や教育資金のため養蜂技術が伝えられました。恵まれた自然を活かす養蜂は、自然環境の維持だけでなく、彼らのコミュニティを守る貴重な仕事となっています。 詳しくはこちら >

※こちらで紹介している商品は取扱い品の一部です。全商品はオンラインショップでご覧いただけます。