カレーの壺

スパイスの香りと
香味野菜のうまみが凝縮された
本場スリランカの味

『カレーの壺』は、たっぷりのスパイスやハーブ、香味野菜の旨みがギュッと凝縮されているので、スパイスの香り立つ、本場のスリランカカレーをご家庭で作ることができます。

香り立つスパイス

『カレーの壺』は、18種類以上のスパイスやハーブと、ショウガやにんにく、たまねぎなど、たっぷりの香味野菜のうまみと香りがギュッと凝縮されているので、食べた瞬間に、口いっぱいにスパイスの香りが広がります。スリランカの食事は、素材に合わせ、季節に合わせ、料理をする人が食べる人のことを想いながら、さまざまなスパイスをバランスよく組み合わせた、奥深い味わいです。スリランカカレー本来の味をいかしながら、日本人の口にも合うよう、スパイスの豊かな香りはそのままに、より食べやすい味になっています。

スリランカカレーの特徴

カレーの壺

SNSなどでも話題のスリランカカレー。たくさんのスパイスを組み合わせ、ココナッツミルクを使い、油は少なくあっさりなど、欧風カレーとも、他のアジア系カレーとも違う、スリランカカレーならではの特徴があります。
  1. 辛いだけではない、複雑なスパイス使い

    スリランカカレーは、ただ辛いだけでなく、さまざまなスパイスをバランスよく組み合わせた、奥深い味わい。煮込まず手早く調理して、出来たての味とスパイスの豊かな香りを楽しみます。

  2. お米に合う

    日本と同じお米が主食のスリランカでは、ごはんやロティ、米粉でできた麺や薄焼きなど、さまざまな主食等と一緒に食べるのが一般的。スリランカカレーは、日本人になじみの深い、お米とよく合うカレーです。

  3. ココナッツミルクを使う

    ココナッツはスリランカの代表的な食材で、カレーはもちろん、さまざまな料理に使われます。スリランカカレーは、ココナッツミルクがベースのマイルドでスパイスの効いたカレーです。

  4. 油分が少なくヘルシー

    インドカレーは動物性の油分ギー(バターオイル)を使いますが、スリランカカレーはあまり油分を使わず、使う場合もココナッツオイルなのでヘルシーな仕上がり。サラサラしたあっさりカレーで、お米や具材と混ぜることで、おいしさを引き立てます。

  5. 単品でも、混ぜても楽しむ

    基本的に1つのカレーに具材は1つで、とてもシンプル。数種類のカレーをワンプレートに盛り、それぞれの味を楽しんだ後、混ぜ合わせながら食べることで、味の変化も楽しみます。

美と健康をサポートする、スパイスの効能

カレーの壺

『カレーの壺』には、ターメリックやクローブ、ショウガをはじめ、たくさんのスパイスやハーブが使用されています。スパイスは、香辛料として知られていますが、その多くが生薬として漢方薬に用いられています。たとえば、日本人になじみがあるショウガは発汗作用があり、風邪のひきはじめに効果があるとされる「葛根湯」の成分です。温活、代謝アップ、食欲アップなど、毎日の食事に取り入れたい、身体にうれしいスパイス。『カレーの壺』に入っているたくさんのスパイスの中から、特に美と健康をサポートするスパイスをご紹介します。
カレーの壺 ターメリック

ターメリック

ターメリックに含まれるクルクミンは、体内の活性酸素を除去する働きをもつ抗酸化作用が大変強く、アンチエイジングに効果的といわれています。日本では「ウコン」と呼ばれています。

カレーの壺 ショウガ

ショウガ

辛みのもとであるシンゲロールは、加熱することで血管を拡張させ、体を温め、新陳代謝を活発にする効果があり、血行不良による冷え性の改善など、温活に取り入れたいスパイスのひとつです。

カレーの壺 クローブ

クローブ

料理として使われると、胃液の分泌を高め、食欲を増進させ、胃を健康な状態に保つ効果があるといわれています。食欲不振にぴったり!

カレーの壺 コリアンダー

コリアンダー

香り成分が胃液の分泌を促し消化不良の改善や、食欲不振に効果があるとされています。神経を落ち着かせる作用もあるといわれています。

カレーの壺 チリ

チリ

辛み成分カプサイシンがエネルギー代謝を活性化して体脂肪の燃焼を促進する働きがあることから、肥満予防やダイエットに効果的な成分として注目されています。

カレーの壺 マスタードシード

マスタードシード

辛み成分による血行促進により、お腹にたまったガスの除去、利尿作用、新陳代謝の活性化などに効果があり、消化促進作用や脂肪を分解する働きがあるといわれています。

カレーリーフ

食欲を増進させ、消化を助ける効果があるといわれています。さらに、滋養強壮、解熱作用、殺菌作用等の効果もあるといわれており、夏に欠かせないハーブのひとつです。

コショウ

辛味成分ピペリンによる発汗作用・食欲増進効果があるといわれています。また、この辛み成分によって、血行促進作用による脂肪が燃焼されやすくなるといわれています。

にんにく

日本人にもなじみのあるスタミナフードです。体内の栄養素を燃焼させ、エネルギーに変える働きや、疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があるといわれています。また、あの独特な臭いのもととなるアリシンが、胃腸の働きを高め、食欲不振を解消したり風邪を予防するといわれています。

レモングラス

すっきりとした香りがアロマセラピーでも好まれて使われています。また、血流やリンパの流れを良くする効果によって、セルライトを除去し、肌にハリを与え、皮脂のバランスを整えるといわれています。

タマリンド

体脂肪の蓄積を抑制する効果があることが知られています。また、酸味成分に整腸作用があり、胃腸を活発にして便秘解消に役立つといわれています。

辛さごとに3種類の味

『カレーの壺』は、スパイシー、ミディアム、マイルドの3つの味。辛さだけでなく、スパイスの配合も異なるので、それぞれに違った香りと味がお楽しみいただけます。単体でのご使用はもちろん、スパイシーとマイルドをブレンドしてなど、違う種類を混ぜて、お好みの辛さと味にしてお召し上がりいただくこともできます。
カレーの壺スパイシー(辛口)

カレーの壺スパイシー(辛口)

ローストスパイスとパンチの効いた辛味が相性抜群。辛いもの好きに大人気。詳しくはこちら

カレーの壺ミディアム(中辛)

カレーの壺ミディアム(中辛)

たっぷりのトマトとレモングラスが効いた、爽やかな風味と、ほどよい辛味。詳しくはこちら

カレーの壺マイルド

カレーの壺マイルド(甘口)

辛味をおさえつつも、スパイス本来の香りを楽しめる、マイルドな味わい。詳しくはこちら